モバイル決済

モバイル決済とは、スマートフォンを店に備え付けられたリーダーにかざすだけで、支払いを完了させることのできる決済サービスです。利用するための準備としては、電子マネーやクレジットカードの情報をスマホに登録しておくことが挙げられます。面倒だと思われるかもしれませんが、一度登録すれば、クレジットカードや電子マネー用カードを出かけるたびに持ち運ぶ必要も無く、常にスマートフォン一つで全ての決済を完了させることができます。 技術的な仕組みは特筆すべきものではなく、いわゆる非接触型ICカードを使った電子決済の範疇にあります。電子マネーのようなプリペイド方式に対応しているのはもちろんのこと、クレジットカードにまで対応しているのが特徴です。2018年の時点で利用できる決済として挙げられるのは、楽天ペイ、スクエア、エアペイ等でしょう。いずれの決済でもマスターカードやアメックス等の主要ブランドに洩れなく対応しています。モバイル決済は大手以外にも参入している企業がありますが、その経営手腕が未知数であることから、大手を選ぶのが無難といって差し支えないでしょう。因みに楽天ペイは楽天グループ、スクエアは米国の企業、エアペイはリクルートグループが運営母体です。 まだまだモバイル決済を採用しているお店は少ないと言わなければなりません。ほとんどは手数料を嫌っているのでしょうが、次に挙げるメリットを認知すれば、導入を検討したくなるかもしれません。そのメリットとは、加盟手数料がそれほど掛からないことです。大手チェーンの小売店、飲食店ならともかく、中小企業は手数料を度外視できないはずです。しかし電子決済はその手数料が低いのです。比較対象として挙げると、クレジットカードの手数料は5%前後です。それに対し、モバイル決済は3.25%とされていますから、驚くばかりです。