携帯決済現金化始まりの流れ

携帯電話の進化は加速し、パケット通信方式が普及したことで、ブラウザフォンを介し、インターネットサーフインしたり、電子メールを利用したりすることが可能になりました。 第3世代の携帯電話は、有線電話と同レベルの、高音質音声通話を可能にしました。高速データ通信、テレビ電話、動画送信などは携帯電話の機能を一新させ、その利便性を世界で共有しようと、グローバルスタンダードの普及を多国籍企業は目指しました。弟3世代の携帯電話は3Gと呼ばれています。携帯決済サービスも徐々に充実したものになり、携帯決済現金化サービスの門戸が開かれたのもこの頃です。 携帯決済現金化サービスを利用するには、フィーチャーフォンやスマホの利用に際して、キャリアと契約しなければなりません。しかしそれだけでは不十分です。まず「携帯決済サービス」自体を利用できるかどうか、契約しただけでは分からないからです。まずは同サービスが利用できるかどうかを確認しましょう。 携帯決済サービスは、NTTドコモなら、未成年は月に1万円、成人は3万円若しくは5万円まで利用することができると定めています。auであれば、未成年は月に1万円、成人は10万円まで利用することができます。ソフトバンクであれば、未成年は月に2万円、成人は10万円まで利用可能です。どのキャリアであっても、携帯料金の支払いや決済枠の支払いが滞れば、利用条件が見直されることになります。キャリア決済の規約を確認した後、いよいよキャリア決済現金化サービスの提供会社に連絡します。誰でも申し込めるわけではなく、最初に業者が実施する審査が課されます。多くの業者が問い質すのは、「年齢」「キャリア名」「携帯料金の納入状況」等だと言われています。